これは塚本小学校に通う優しい女の子たちで構成する、キックベースボールチームを紹介するブログです。 管理人の個人的なブログですので、塚本小学校や塚本子供会とは一切関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回港南中親善大会

1月27日、港区の市岡グランドにて、『第3回港南中親善大会』が開催された。
第1回大会は決勝まで進出したものの、旭区の『高殿南さん』に逆転負けを喫し、準優勝に終わり・・・
昨年の第2回大会は、塚本スーパー軍団を引き連れ初優勝を果たす事ができた。

今年は15チームくらい参加されておられたようだが・・・
『三先さん』をはじめ、昨年年末に50大会で『大道南さん』を下した『市岡さん』、塚本がコールド状態で負けた『磯路さん』などの港区の強豪勢がおられ、本大会優勝候補No,1の『田中子供会さん』がおられる。


そして、さらにややっこしい事に・・・
磯路のU監督さんにご挨拶をしている時に・・・

福島区の『アジジ』様が

こんなに朝早くから「なんでおんねん!」と思ったが・・・



どうやら、ただの見学に来たようではないらしい!






などなどの事から、優勝どころか決勝トーナメントへの進出も危ぶまれる。






大会要項は予選を3試合づつ行って、その結果の上位8チームが決勝トーナメントに進出できる。

塚本は予選を『高殿南さん』・『市岡さん』・『大宮さん』と対戦させて頂いた。
朝が早かった為かあまり本調子ではなかったが、なんとか三勝でき予選3位で決勝トーナメントに進出する事ができた。
むっちゃしんどかったのは、従事者の男性が私と『Kパパ』だけだったので審判と試合を交互に繰り返し、おまけに田んぼ状態のCコートを整備するのに労力を費やし、お昼をまともに取れなかった事だ
(ちなみに予選1位は玉川さんで、予選で田中さんに快勝されておられた)


抽選の結果決勝トーナメントの初戦はAコートの2回戦で苦手の『田中さん』と対戦する事が決まった。
今年は負けっぱなしで、全然勝てる気がしない。
逆に田中さんは、従事者の方も子供達の顔からも余裕の表情が伺える。

間違って田中さんに勝ててもその次には・・・
これも苦手な『Teamアジジ』と対戦する事が予想される。

子供達や応援に来られていたお母さま方には言えないが・・・
「やるだけやって、食いそびれたお昼を食べよぉ~
って・・・
まじに考えていた。

決勝T1回戦はアジジ率いる『玉川さん』が、『九条北さん』を余裕で下す。
そして2回戦の、塚本VS田中さんとの戦いは・・・

案の定6年生の精彩を欠くプレーで、3イニング終了時で1-4とリードを許し完全に負けムードである。
しかし4回表に満塁Hが飛び出し5回にも3点を奪って勝利する事ができた。


うそっまさか・・・


勝利の瞬間、時間が止まったように感じたが・・・
そのあとの6年生の喜びようが強く印象に残った。



そして『Teamアジジ』との対戦・・・
一年前の『南市岡ふれあい大会』以来、全く勝利できないでいる。

そのせいか、最近は足に包帯をぐるぐる巻きにして、車椅子に乗っている姿を全く見なくなった。


試合は少しではあるが、なぜか塚本がリードしながら回が進む・・・

おっ!勝てる!

やったぁ~~~ぁ


と思ったが、現実はそんなに甘くはない!




最後の最後に玉川さんの主力打線で同点に追いつかれ、ツーアウト2塁からのサドンデスとなった。

でも、なんか勝てそうな気がした・・・

なぜなら塚本は10番キッカーで前回を終えていたので、打順よく1番キッカーから攻撃できるし、玉川さんは下位打線へと向かう。



予想は現実となり勝利する事ができた。



子供達は当たり前に大喜びでテンションもで、銀メダルが確定した瞬間であった。




しかし個人的には・・・



食べ損ねていたお昼が、さらに遠のいた瞬間でもあった。







決勝戦はBコートで『喜連北さん』を下した高石市の『綾井さん』で、昨年も対戦させて頂いた。
試合は初回から順調に加点していくが、途中から攻撃と守備のリズムが狂いだし・・・
4回が終了した時点で6-7の言って1点ビハインド・・・

逆転勝ち越しをできる自信はあったのだが・・・
しかし最後までリズムが戻る事はなく準優勝に終わってしまった。


綾井子ども会さん・・・
キャプテンをはじめ、みんなが機動力を活かしたすばらしいチームでした。

優勝おめでとうございます。



最後になりましたが・・・
朝早くから大会の為にご尽力を頂いた『三先子ども会』・『田中子ども会』・『市岡子ども会』の皆様

この度はお世話になりありがとうございました。
従事者共々、深く感謝いたします。
17日の『なでしこ杯』に参加する事が出来なくなりましたが、今後ともお付き合いのほど宜しくお願い致します。





おまけ

帰りの車の中で、4・5年生からお願いがあった

「監督!、ほんまにアカンで!」
「恥ずいからやめてやぁ~」




決勝戦前の選手紹介の時に、監督を紹介されたときに・・・

「気合いだ!」
「気合いだ!」
「気合いだぁ~~~」


と叫んだ事に対してのクレームだった。

昨年末の『大和田D杯』での『コマネチ』も相当不評だったが・・・



さらにダメ出しは続く・・・

「誰か言ってたけどぉ・・・」
「監督が、何をやっても無視しいやぁ~って」






「なんで?、声を大きく出す事っていいことやん!」
「お前らはどう思うねん?」




って聞き返したら・・・・






「・・・・・」



しばし無言状態が続いたあとに・・・・





「ええかげんにしいやぁ~」





と聞こえた。



ギクッ!




思わずハンドル操作を誤ろうとしたが・・・
誰が言ったかは不明であった。





はっきり言って・・・







俺かて恥ずかしいんや!
<< 前のページ     次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。