これは塚本小学校に通う優しい女の子たちで構成する、キックベースボールチームを紹介するブログです。 管理人の個人的なブログですので、塚本小学校や塚本子供会とは一切関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイコンタクト

先日の木曜日と金曜日は、塚本神社のお祭りであった。

若いときには頑張って参加していたが、ここ数年は見物客に徹している。

目的は、キックのメンバーが頑張っている姿を見る事と、・・・
卒業し、普段では滅多に会えないOGに会える事を楽しみにしてる。

学生や社会人になり、皆とても可愛らしく綺麗になっていた。
ボーイフレンドと手を繋いでいる子、結婚をして子供を連れている子など、今年も数人のOGと再会する事が出来た。

その中で感動した事があった。
一人のOGが気軽に「○○ちゃ~ん」と、声をかけてくれた事だ!!

今の子供達は私の事を、「監督」とか「おっちゃん」とか・・・・
たまに「じじい」と呼ぶが・・・・
昔の若い頃は名前で、「○○ちゃ~ん」と呼ばれていた・・・・

・・・・・・・・・・
笑うな!!


「○○ちゃ~ん、私の事覚えてる!?」と私に話しかけてきたが・・・

もちろん記憶にあった。
大人になり・・・
むっちゃ綺麗になっていたが、一目ですぐに分かった。



この子は13年前、5年生の終わりくらいに『新キャプテン』となり、淀川区大会に向けて一生懸命に頑張っていた。

監督として経験の浅い私が、初めて『アイコンタクト』をとれる様になり
とても信頼をおける様になったキャプテンであった。

それもあり、良く覚えているのだが・・・

残念な事に、淀川区大会直前・・
大人の都合でお母さんの実家の尼崎市に、引っ越さなければならなくなった。

私も、チームとしてもとても辛かったが、この子が一番辛かったと思う。
その後尼崎市から神戸に移った所までは、風の噂で聞いていたが・・・

13年間…
本当に久しぶりである。

今は社会人になり、独り暮らしをしているとの事。
キックの事や親の事、立ち話ではあったが13年前の事を今では・・・

笑って話す事が出来た。

その話の中で、一番嬉しかったのは・・・・・
私と同じで・・・



監督と『アイコンタクト』がとれていた事が、今でも強く残っていると言う事と・・・
引っ越してからも、キックの事が忘れられなかった

と、語ってくれた。




当時、彼女は・・・・・





まだ11歳の・・・






小学校5年生であった。
<< 前のページ     次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。