これは塚本小学校に通う優しい女の子たちで構成する、キックベースボールチームを紹介するブログです。 管理人の個人的なブログですので、塚本小学校や塚本子供会とは一切関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回南市岡ふれあい大会

22日、南市岡小学校にて『第2回南市岡ふれあい大会』が開催された。
昨年は新チーム(現Aチーム)で参加させて頂き、決勝戦で6年生を8人用する『三先子ども会』さんに僅差で負け準優勝であった。

今年も新チーム(555554444333333)で参加させて頂いた。
参加は12チームで予選2試合を勝たなければ上にはあがれない!
塚本の予選での対戦相手は『玉川連合さん』『三先子ども会』さんに決まった。

初戦の『玉川連合さん』は昨年から今のチームを育成されておられ
今年は大阪市で3本の指に入るチームであると考える。
昨年は対戦する毎に我がチームがいじめていたので、今年は仕返しをされる事は間違いないだろう!

対戦前M監督さんにご挨拶した時に、右足だったか怪我をされておられた様で引きずっておられた。

「どないしたん?」
    「大丈夫なん?」
 と聞くと・・・

「大丈夫、何でもない」との事であった

・・・・






ははぁ~ん・・・        
 さては・・・
        『アレ』やな!
  




皆さんの記憶にもあると思うのだが・・・







十数年前のサッカーワールドカップアジア予選で、イラン代表のアジジ選手(当時アジア最優秀選手)が日本代表と対戦する直前まで、包帯グルグル巻きで車椅子に乗っていた事件があった。
当然車椅子から降りて、試合に出場した事は言うまでもない!
その姿を日本代表に見せる事で、油断させる作戦だったように記憶する・・・





いわゆる・・・


















シュミレーションやね!




今回は選手ではないのだが・・・・・

  なるほど・・・
              考えて来たね前cyan!









その右足を引きずるM監督さんに
「あまり無茶せんといて下さい」
とお願いしに行ったが・・・
「滅相も無い」と当り前に笑っておられた・・・
が、その目の奥は・・・  と・う・ぜ・ん 






結果ははっきり覚えていないが、殆ど守備をしていた様に思う。

途中、攻撃の時キャプテンに・・・
「相手ベンチ、監督さんの左足を狙え!」と指示をしたが・・・
首を横に振り、代わりにライトセンター間奥の植え込みにライナーで放り込んで返って来た。

うちのキャプテンの優しさで・・・
     命拾いをした前cyanであった。






2試合目はN総監督率いる『三先子ども会』さん。
結構いい勝負をさせて頂いたが、昨年に引き続き敗戦となってしまった。




昼食後エキシビジョンマッチで低学年混合の試合があり、塚本からはAコートに『YURINA』『AYUMI』を参加させ、『大道南KBC』のF監督様にお預けした。
Bコートには『AYU』『RIKKI』を参加させた。
Aコートの応援は従事者と6年生が多かったので、4年生と3人の5年生とでBコートの応援に力が入った。



普段はユニフォームをもらえず・・
もらえてもなかなか試合に出させてもらえず・・
ひたすら高学年の応援が役目の『ちびっ子達』・・・


みんな生き生きとした笑顔と一寸不安そうな顔がとても印象的だった。












この日最後の試合は、『今川連合さん』との親善試合であった。
(お互い各グループの5位)
塚本は今川さんには申し訳なかったが、チーム事情で主力の5年生3人を外し(5544443333)で対戦させて頂いた。(3人はベンチにも入れなかった)
結果は2-11で負けはしたものの、先の2試合とは違い皆が一生懸命にボールを追いかけていた・・・
主力を外した理由を知らずに、低学年を引っ張ったキャプテンの背中がとても大きく見えた。
その姿を見ているだけで、キャプテンに「すまない」と言う気持ちが沸き、それと同時に目頭が熱くなるのを覚えた。





何処のチームも同じなのだが、試合中は色々な人が応援してくれる・・

監督やコーチ陣はもちろんの事、その他の従事者や保護者の皆様・・・
いつも仲良くさせて頂いているチームの監督さんやそのメンバー達・・・
それと・・・
なかなか試合に出させてもらえず、いつもベンチから見守っている控えの低学年たち・・・

人間として、スポーツを愛する者として
これらの多くの人が応援している事を感謝しなければいけないし
また逆の機会があれば応援するのが当り前である。

仲好しのチームが頑張っている時には自チームと同じくらい応援してもいいと思うし、自チームの『ちびっ子達』が頑張っている時には技術の指導と、いつものお返しに一生懸命に応援してほしいものである。

試合会場の皆がちびっ子達を応援している時に、『塚本』のユニフォームを着た者が試合をしているコートに背を向けて
『大きな声でのおしゃべり』『バカ笑』って・・・・

こんな人間として常識的な事もできないとは・・・

残念ではあるが、これも私の責任なのだろうと思う。


決勝戦は港区の『田中子供会』さんと、住之江区の『平林A』さんとの対戦となった。
両チーム共すごい集中力で勝負に対する思いが熱く燃えていた。
両キャプテンも素晴らしかったが、個人的には田中子供会さんの『背番号7』の動きに釘付けとなった。
結果は僅差で『平林エンジェル』さんの勝利となった。

「塚本のAチームで勝てるのだろうか?」

と思わせるような素晴らしい決勝戦であったと思う。


3位は『玉川連合さん』『大道南KBC』さんでした。

入賞されました皆様・・・
おめでとうございます



今大会を開催されて頂いた『南市岡子供会』の皆様へ

この度は大変お世話になりありがとうございました。
とても楽しい一日を過ごす事が出来た事に、従事者一同感謝いたします。
今後ともお付き合いの程、宜しくお願い致します。







ところで・・・・





3位になられた玉川連合の『M監督』さんであるが・・・・






最後まで足を引きずっておられた・・・









どうやら怪我はほんまで・・・
シュミレーションではなかったようだ  



m(U_U)m
<< 前のページ     次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。