これは塚本小学校に通う優しい女の子たちで構成する、キックベースボールチームを紹介するブログです。 管理人の個人的なブログですので、塚本小学校や塚本子供会とは一切関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年生

昨日は、塚本小学校の運動会であった。

我息子の応援は勿論、キックの子供達(特に6年生)を応援する為に・・・
仕事をサボってやったぜぇ~

なのにである・・・・


朝一番、6年生に会って・・・

「おっはよぉ~」
「今日は頑張ってやぁ~」
と挨拶するも

ことごとく『知らん顔』される!?





うっ!

「こいつら、シカトしとるやんか!!」
「むっかつくぅ~」
と思う瞬間だ。




まあキックと関係ない学校行事やし、ほかの友達と一緒の事もあって・・‐
素直に挨拶する事が、少し『こっぱずかしい』のであろうと思う。


皆さんも経験があると思うのですが・・・
よく道端で挨拶する子が、たまたま他の友達と一緒の時に、挨拶がしにくい事があります。
ようは、それと一緒の行動なのだ。

別に、今年の6年生に限った事ではなく…
毎年同じで、そう言う年頃なのである事くらいは理解している。



「しゃぁないなぁ~」
「ここは、そっとしておいてあげよう!」


と、普通なら考えて・・・
こちらも、それ以上の事はしようと思わない。



しかし、それは十分に分かってはいるのだが…


私の中の、もう1人の私が・・・・


「あかんあかん、そんなんあかん!」
「知ってる人見て、それも監督さんを見て挨拶ができんのはあかん!」


と、ささやいて来る。



すると本当の私は…

「でも友達もいる事やし、気持ちも分かるやん!」
「俺らも、そんなんあったやんか!」
「これ以上声をかけたら、可愛そうやんか!」



とフォローする。




すると今度は…

「何言うてんねん!、お前あまいわ!」
「そんなん許したら、こいつらの為にならんやろ!!」
「監督からの挨拶をシカトしたんや、絶対許したらあかん!」
「ほんまに、こいつらの事を考えとんのんか!?」


と反論してきた…




「・・・・・・・・・・」





ここまでの時間は・・・




わずか0.5秒くらいである!!


気がついたら…
『シカト』された後・・・・・・・

「○○ちゃん、今日は頑張ってやぁ~」
「○○○ちゃん、めっちゃ応援するからねぇ~」


と、知らず知らずに大きな声を出し、激励している私がそこにいた。

気まずそうに、仕方なく挨拶をする6年生・・・
可愛そうだったのが、一緒にいたお友達で…
私の声の大きさに、びっくりしていた。
(ごめんなさい)



「フフフフ・・・」
「俺をシカトした罰じゃ!」


もう一人の私が、笑みを浮かべていた。




リレーの応援では・・・
例えはよくないが競馬の『G1レース』の観客のようであったのだろう…

思いっきり声を出し応援したが、私の周りは私以外むっちゃ静かだ・・・
と言うよりも、完全に退いておられるような空気だった!

6年生最後の組体操の序盤では・・・
まさに、今から演技を始めようと集中しているメンバーを見つけ・・・

高さ1.2mの脚立の天場に立ち・・・(労働安全衛生規則違反)
100m先にいる知り合いに合図をする様に、両腕を左右に大きく振って応援した。

乱視で老眼のおっさんにも、子供達の姿は見えていたので・・・
当然子供達の目からは確認できた筈で・・・
さぞ『迷惑』であっただろう!
しかも私の周りは、カメラ撮りやビデオ撮影の人が全てで、殆ど静止していたので絶対に見えていたと安堵する。

最初は照れた仕草を見せていたが、流石に演技に対する集中力は高く・・・
演技が進むに連れ、自然に子供達の演技に引き込まれていった・・・・






そしてラストのパフォーマンスが・・・




題目は『人間ピラミッド』である!!

段数6段か7段で、正確には覚えていないが・・・
そんな事は問題ではない!

テレビ番組で、中学生がやってるとこを見た事はあるが・・・
小学生が、それも男女混合で演技するのを見る事は初めてであった。

神秘的なBGMに合わせて、一段一段真剣な眼差しでピラミッドを形成する・・・
その姿を見て・・・・

私の心は・・・
完全にやられてしまった。


大型台風で、延期になっていた塚本小学校の運動会は・・・
6人のキックメンバーを含めた、『最高の6年生』のパフォーマンスで幕を閉じた。


6年生のみなさんへ

昨日の運動会のラストでは、みなさんの協調性と研ぎ澄まされた真剣な表情に凄く感動させて頂きました。
ありがとうございます。

みんな自信をもって、次のステップに挑戦出来ますね!
卒業までの残り少ない小学校生活を、悔いなく楽しんで下さい。



6年生最高!
スポンサーサイト

『もしドラ』

中学生の頃、私をスポーツに導いてくれた愛読書があった。
田舎者の中学生の愛読書と言ったら『漫画』と相場は決まっている!


その愛読書とは・・・・

   そう・・・

ちばあきお先生の『キャプテン』である!




地区大会でも一番弱い『墨谷二中』に、名門『青葉学院』の谷口君が転校してくるところから物語が始まる。

短気で怒りっぽい『丸井』
何処でも守れて口が悪い上にとても生意気なラーメン屋の息子『イガラシ』
何故か大阪弁丸出しで自己中心型の『近藤』といったところが主な登場人物である。

青葉の二軍補欠であった下手くそな谷口君がキャプテンを任され、必死に努力してチーム作りをし、最後は名門『青葉学院』との死闘を繰広げるストーリーに、アドレナリンを焚きながら感動を得ていたのは・・・
私だけではなかったろうと思う。

みなさんはいかがでしたか?




今思えば・・・
運動神経は別として私の口が悪く生意気なところは、イガラシくんにそっくりだと思う。



さて表題の『もしドラ』であるが・・

『TUTAYAカード』の更新ついでに手に取ったのが・・・
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』と言う
AKB48前田敦子主演の新作DVD『もしドラ』である。

別に私が『敦chan』を好きだからではない!
私の一番下の息子(塚小3年)が、兄ちゃんの影響もあるのだがAKBのお姉さま方を好きなようで、中でも『敦chan』が好きなようだ。(ませたクソガキである)
それと子供会でソフトボールをやっているので、好きな敦chanと高校野球で『アドレナリン』を少しでも焚いてくれればと思う『親バカ』な気持ちからである。






観賞後の反応は・・・




こう言った青春物のストーリーは大体相場が決まっている!
確かにストーリーの終盤では感動していたが、全体的には『敦chan』が勝っていたようだ。




『敦chan』では
『アドレナリン』は焚けないよなぁ~




つくづく、我が息子ながらませたガキだと思う。



よければ皆さんも観賞して、『アドレナリン』を焚いてみて下さい!





今週の『Team塚本』ですが・・・

今日の練習終了後に、レギュラーメンバーを『焼肉&バイキング、90分食べ放題』に連れて行った。
これは昨年秋の『北ブロック大会初優勝』のご褒美で、場所探しや中学校受験生の子の配慮して今になった。

さすがは女の子だけあって、みんな楽しそうであった!

嬉しかったのは・・・
久し振りに登場する『クワガタさん』であるが・・・
私と『Kパパ』にきれいにトッピングした『クレープ』を焼いてくれた。
基本酒飲みなので普段甘いものは食べないのだが、初めて食したが甘くてすごく美味しかった。

監督に向かって、「うるさい!、お前だまれ!」って言わなければ・・・
いい子なんやけどなぁ~。

本来ならキック部員全員を連れて行きたいのが本音ではあるのだが・・
予算的にしんどかったので、レギュラー以外の皆さんには理解して頂きたい。

(※今回の費用は、年会費とかキック部員から集めているものではありませんので誤解なさらないで下さい)

今度は6年生が卒業するまでにキック部員みんなで、星空さん真似て『日本海かに食べ放題ツアー』に行こう。


行きたい人はメールを下さいね!

・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。